■実績サンプルのご紹介

新聞配達のイメージが変わった!

新聞配達店舗の人事がマンガで採用に成功した話

今回ご紹介するのは、西日本新聞エリアエンター小郡三国さん(以下AC小郡三国に省略)のアルバイト募集の広告マンガ案件です。

 

新聞配達のアルバイトは、「なんか苦学生がやってそう」「朝が早くて大変そう」というような、どちらかというとあまり良いイメージがないかもしれません。

そんなイメージを払拭し、長期的に働いてくれるアルバイトが欲しいというクライアントの意向を受けて、読んだ人がワクワクするような広告マンガを作成しました。

 

 

採用に苦戦…興味を持ってもらうための広告マンガ

 

 

それまでAC小郡三国さんではバイトルなどでアルバイトの募集広告を出していたのですが、なかなか人が集まりませんでした。

 

そこでターゲットに能動的にアプローチする方法として新聞折り込みチラシを使ったポスティングを提案しました。

 

地域社会に根付いたビジネスだからこそ活かせるポスティングを、新聞配達会社自身が行うというシナジーを狙いました。

 

まずペルソナを設定するにあたっていくつか顧客属性をAC小郡三国さんに提示しました。その話し合いから接客業に疲れている主婦をターゲットにし、それまでの新聞配達のイメージを払拭するような広告マンガを作ることにしました。

 

 

読んだらつい応募したくなる!業務を輝かせるストーリー作り

 

 

今回は接客業に疲れた主婦が新聞配達のアルバイトを通じてイキイキとした生活を過ごすまでの話を、新聞配達のメリットを解説しながら描いていきました。

 

・体力維持のため

・朝活して日中の時間を有効活用

・コミュニケーション能力がいらない

・自分のペースで仕事を続けていける 

これらの新聞配達のメリットを魅力的なストーリーで伝えることを意識しました。

 

マンガは内容が読みやすく、その主人公を通じて疑似体験できることが特徴です。

読んでくれた人の新聞配達のイメージが少しでも明るいものになり、「ひょっとしたら自分にも向いているかも」と思える人がいたなら大変嬉しいです。

 

 

実際の成果:人数やCPAを元に

 

では実際にどんな結果が得られたのでしょうか。

バイトへの応募者数と合格者数、人件費や出稿費用といった広告費用、ポスティングした数や閲覧数を、ポスティングとバイトルそれぞれで集計しました。

 

その結果、元々行っていたポスティングと比較すると、

・CPA:55%削減

・CVR:応募・合格者共に約40倍

 
バイトルでは、

・閲覧数:ほぼ変化なし

一年半かけて一人だった合格者が掲載二か月で出た

該当期間にて採用目標を達成

 

実際に採用まで至った方に話を聞くと、「普通だったら捨ててしまうようなチラシだが、見やすいマンガだと最後まで読んでしまった」というお声もいただきました。

 

これらの成果を見ると、広告マンガでより効率的に集客を進めつつ、より多くの人に情報を持ち帰ってもらうことが期待できそうです。

 

 

採用の強い味方:広告マンガの可能性

 

広告マンガは

・文字+マンガで伝えたい情報を「見やすく読みやすく」する

・一度マンガを作ると、チラシやSNS、動画メディアなど様々な汎用先がある

のが特徴です。

それは採用というシチュエーションにおいても活きるものだと思います。

 

会社概要や業務内容、社内のメンバー紹介など、読み手に疑似体験を通して伝えたい情報をわかりやすく伝えることは、広告マンガの十八番です。

また、チラシとして配ったり、マンガ動画にしてメディアで配信したり、SNSでバナー広告として出したりすることも可能な点は、間口を広げたい採用担当者の強い味方になるでしょう。

 

・採用人数を増やしたいけど、施策が思いつかない

・もっと多くの人に求人を見てもらいたいけど、何をしたらいいかわからない

・イマイチ会社概要やサービスが伝わっている感触がない

 

こんな悩みを持っている方がいましたら、ぜひ一度まんがたりにご相談ください。