皆さんの行っているサービスは、マンガマーケティングに向いているか?そんな悩みが頭をよぎったことはありますでしょうか?

「マンガマーケティングを聞いた、知ったが、これは自社で効果がでるのだろうか?」
「どんな数値が得られるのだろうか?」
「他の方法と比較してどんな違いがあるのだろうか?」

そんな疑問に答えます。


マンガが一番効果を出すのはズバリ「営業で説明の時間がかかる商材」です

広告マンガは理解までが遠い商材のほうが利用価値が高い

営業時にどの程度、商品を説明していますか?そして、相手が理解するまでに何分かかっていますか?この「興味を持ってもらうことに時間がかかっている」ということがあると、なにが起こるのでしょうか。それは、エースの営業マンと、新人の営業マンの間で非常に契約成功率、成功数の差がでます。

これは、「前提情報の伝達」を「相手が飽きないように」説明しないといけないから。トップの人は相手が知りたい「前提情報」をきちんとうまく伝えることができます。

営業メンバーを教育することは非常に大切ですが、今、数値が必要な場合には時間がかかる施策となってしまいます。また、人は退職することもあります。

そんなときに「マンガ」の制作を依頼するのは非常に有益な方法です。広告マンガは、優秀な営業マンがお客様に話すようなかたちで「相手への疑似体験」を誰もが体験させることが可能となります。


広告マンガが合うのは「理解してもらうことに説明の時間がかかるもの」です

相手が初めて知ったときに、たくさん説明がいる場合には、この理解してもらうまでの時間がかかるので、相当話すことに慣れていないと難しいです。その慣れていないと話せない部分を、マンガに任せることができる。

理解してもらうことに時間がかかるのは、「イメージに時間がかかる」んです。そのイメージしてもらうことを「マンガ」ですることでお客様が簡単にマンガを読むことができるのです


依頼するときには相手のマンガ家が描けるかどうかを確認しましょう

実際にマンガを依頼するときには、相手が描けるかどうかも大事です。上述の通り、疑似体験してもらうためには内容が大事です。マンガ家さんも、他の文章と同じで「自分が体験したことがない」ことはかけません。

特にB to Bの事業を体験しているマンガ家はすごくすくないのは、マンガ家はデビューしたらすぐに連載準備しないといけません。なので、辞めやすいフリーターや派遣社員がおおく社会人経験がばっちりとあるマンガ家はほとんどいません。

マンガ家さんも人間です。我々が「知らないことを文章にすることができない」と同じように、マンガ家さんも「知らないことをマンガ家すること」は非常に難しいです!

マンガは「ヒアリング」→「抽象化」→「再構築」→「マンガ」というステップで行われるのですが、ヒアリングが失敗したり、理解することができないと、広告マンガの制作がうまくいかなくなってしまうのです。

※そもそも依頼する前に「広告マンガって、そもそも何者なんだろう?」ってことを整理したいときはこちらの記事がおすすめです↓

どんな経歴のマンガ家が、依頼前にきちんと聞いて、自社のサービスを理解して描いてくれることができそうな、任せられるマンガ家に依頼しましょう。





■申し込み順に対応します。いますぐ無料相談を。

顧客獲得数が3倍になる!滞在時間が増えて離脱率が減るのはマンガしか実現できない強み!まずは「貴社の状況」をご相談ください。相談のみは無料です。
※B to Bや新規事業が日本一得意なまんがたりは少数精鋭なので、お申込みのタイミングによってはお待ちいただきます。ご了承ください。

B to B/企業向けの「メディアマンガ制作のお問い合わせ先は【こちら】から

お問い合わせ | まんがたりメディアマンガ

まんがたりメディアマンガのお申込み・ご相談・資料請求はこちらから。
B to Bサービスをマンガでお客様に伝える。お気軽にご相談ください。