ランディングページやサービスサイト、TwitterやインスタなどのSNSで「広告マンガ」が使われることは増えてきておりますね。

しかし、相場がわからないなぁという方も多いです。

ちなみに一番安いのはクラウドソーシングで、1ページ数千円から。高いところだと1ページ20万円なんてところもあります。この違いはクオリティ・おまかせ工数・バズらせ代行、などの要素の違いがあります。

「自社でもマンガを利用したい・・・!」と思うマーケティング担当者や、PR担当者、人事採用担当の方も増えてきています。実際お問い合わせも多くなってきました。

実際、私も営業している際に「いくらですか?」と聞かれることが多いです。

今日は、そんなみなさんのために「広告マンガを依頼するときって相場いくらですか?」という声に答えます。


広告マンガの依頼の種類は複数ある!

まず、相場を話す前に依頼する方法は複数あります。

ざっくりと分けて以下のとおりです。

  1. 圧倒的に有名なマンガ家に直接依頼する
  2. 出版社に依頼する
  3. 通常のプロマンガ家に依頼する
  4. マンガ家志望の人に依頼する
  5. 広告マンガ企業に依頼する
  6. インフルエンサーマンガ家に依頼する
  7. クラウドソーシングで依頼する

たくさんありますね。それぞれについて、ざっくり説明してきます


有名マンガ家や出版社に依頼するのはかなり難しいし高い

たとえば、誰もが知っている「尾田栄一郎先生」などに依頼する方法は、直接依頼することはほぼ無理です。まず、繋がることが一般的な企業ではできません。

また、出版社に依頼することも難しいです。大体が連載をしている先生は、広告マンガを受けている方はほぼいません。連載が忙しいから、しょうがないですね。

一般的には、通常の企業では依頼できない、と考えたほうが良いです。

広告代理店である、電通や博報堂などを通したプロモーションを依頼することで、そういったマンガ関係の部分が得意な担当者さんに当たると可能性はあるかもしれません。

例外的に、たとえば「課長島耕作」を描いている「ヒロカネプロダクション」は、島耕作風の広告マンガを描くことをお受けしている模様です。

ただ、料金は相場より非常に高いと思われます。1ページ、10万円以上になるのではないかな?と推測しています(事実は問い合わせしてみてください)


通常のマンガ家に依頼するのは探すのが大変

たとえば、作家さんがSNSでマンガの制作依頼を受けているケースがあります。また、マンガ家志望の方も同様です。

そういった方々は、大体マンガは1ページいくら、というカタチで受けてくれることが多いです。

ざっくりと、相場は1ページ1万円〜5万円 / 1ページの間くらいが多いです。プロでやっている方のほうが値段が高いので、予算と相談しましょう。

自分が依頼したいサービスと親和性が高く、モチベーション高く描いてくれる方が会えると、いいマンガを作ってもらいやすくなります。

※ただ、漫画家さんと繋がるのは結構難しいです。探し方はこちらの記事もご参照ください。


広告マンガ企業に依頼するのはカンタンな方法ではあるが、ちょっと値段があがる

広告マンガ企業というのは、意外と日本には多いです。

「広告 マンガ 依頼」で調べるとたくさんの企業が出てくるでしょう。

値段は3万円〜10万円 / 1ページと、取材費が別にある、というケースが多いですね。

企業毎の作家さんの所属が違うので、どんな作家さんが多いのか、よく確認しましょう。自社のサービスをきちんと描ける作家さんがいるのかが非常に大事です。

※作家の得意不得意で、クオリティと納期、リテイクに付き合う自分の工数が変わってきます。マンガ家も人間なので、自分が経験したことがない領域を制作することは、私達と同じで難しいです。


インフルエンサーマンガ家はバズるけどめちゃお高め!

インフルエンサーマンガ家さんに依頼することは、10万円〜30万円 / 1ページプラス、つぶやくなら1フォロワー x 1円〜3円くらいのコストがかかると言われています。

一発で100万円以上かかることが多いので、予算があるときに依頼しましょう。

そのかわり、バズるマンガを描いてくれるので、特に to C向けのサービスや商品など「ユーザーとのタッチ数」が大事なKPIになる商品なら良いかもしれません。


クラウドソーシングは安いけど・・・

クラウドソーシングは、マンガ家を比較的見つけやすく、安いコストでできます。

しかし、安い分、マンガ家さんのスキルや経験、ビジネスコミュニケーションが苦手な方や、まれに途中で消えてしまう(どろんしてしまう)こともあります。

予算がない場合には良いかもしれません。

1,000円〜20,000円 / 1ページでもありますが、正直企業として依頼するのはおすすめしません。個人でマンガを作って欲しいという依頼をしたい場合には、検討しても良いかもしれませんね。


まとめ

値段についてつらつらと描いてみましたが、いかがでしたでしょうか?

「マンガって一冊500円だからもっと安いと思っていた」

という人も多いかもしれません。しかし、マンガの制作には多くの工数がかかっております。

映画の制作と似ています。

ヒアリング→シナリオ作成→ラフ作成→キャラ作成→ネーム作成→ペン入れ→トーン対応→カラー対応→最終的に修正

などと、工数、工程が多いものです。

依頼金額もそうですが、それだけではなく、制作に付き合う自社側のコストも見つめましょう。

※ちなみに、少年ジャンプ+の新人作家の原稿料は、1.2万円 /1ページです。(ちなみにコレに単行本の印税が追加で入ります)

マンガの依頼は安くないです。しかし、ハマると非常に大きな影響を与えることができ、営業成果があがることは大いにありえます。

正しい相場感に追加して、自社のサービスがマンガに合うか判断して、適切なタイミングで相談して、目的の達成にうまくりようしましょう。

※結局自社はどこに依頼したらいいのかな?ということに迷ったら、最適な会社や依頼の仕方も、まんがたりでは一緒に検討します。お気軽にご相談ください。





■広告マンガを依頼したい→まずは無料相談をお申込みください。

顧客獲得数が3倍になる!滞在時間が増えて離脱率が減る「広告マンガ」!まずはご相談ください。貴社の状況を整理し、合わせた提案をいたします。
※B to B / 新規事業 / ベンチャー企業が【日本一得意】。まんがたりは少数精鋭→申し込み順に対応します。お申込みのタイミングによってはお待ちいただきます。ご了承ください。

B to B/企業向けの「メディアマンガ制作のお問い合わせ先は【こちら】から

お問い合わせ | まんがたりメディアマンガ

まんがたりメディアマンガのお申込み・ご相談・資料請求はこちらから。
B to Bサービスをマンガでお客様に伝える。お気軽にご相談ください。