このサイトは「広告マンガ」のサービスをしているまんがたり、が提供しています。

広告マンガに興味があるけど、そもそも効果があるのかどうかわからない。そういったお声を聞くことがたまにあります。そういった皆様は、お話を詳細に聞いていくと、そもそも「SEO」などのウェブマーケティングの知識が不足している場合があります。

今日は、広告マンガの制作を依頼する前に、そもそもSEOってよくわからないなというあなたに向けて、SEOについて説明しようと思います。


そもそもSEOってなにもの?

まず、あなたはそもそも「SEOの正式名称」を言えますか?

※すらっと言えた方は、このページは殆ど知っていることになると思うので、読まなくても良いかもです笑

SEOの正式名称とかそもそもSEOが正式名称じゃないの?

SEOとは「Search Engine Optimization」の略称です。

日本語にすると「検索エンジンの最適化」といいます。SEO対策と言われていることは、「(Googleなど検索エンジンサービスの)検索エンジンの最適化の対策をしましょう」という意味合いになります。

※ちなみに最適化を更にわかり易い言葉にすると「相手が理解しやすいように適切な言葉を使っていい感じにしましょう」という意味となります。ここで言う相手とは、2つの対象があり、あなたのサイトを見てくれる人と、Googleなどの検索サービスのシステム、が対象となります。


なぜみんなSEO、SEOと言っているの?

SEOとみんながよく話すのはなぜでしょうか?それは、SEO対策をして「Googleなどの検索エンジンでの表示順位を、できる限り上にあげたい」という想いがあるからです。

検索したけど表示されないのは切ないですよね

あなたは自分のサイトを運営していますでしょうか?そのサイトは、どうやって見てもらっていますか?もしかしたらURLを直接書いたチラシを渡したり、QRコードを読み取ってもらって、サイトに来てもらうこともあるかもしれません。ただ、それだと自分がチラシを渡せる人に限定されます。

自分たちが運営しているサイトを、たくさんの人にみてもらいたい場合には、こういった直接的にサイトを教えるのではなく、Googleなどの検索エンジンから、サイトに来てもらうことを狙うのが効率的です。(Google検索から自分たちのサイトに来てもらえたら、それそこ日本中の北海道から沖縄のどこにいる人でも、来てもらうことができます)

しかし、そのためには、検索結果で上位に表示される必要があります

あなたもGoogle検索したときに、10ページ目に表示される検索結果のページを見ることはないでしょう。表示された上から順番に見ることが多くありませんか?。

だから、みんな「Googleで上位に表示されたい」と思うようになるです。結果、上位に表示されるための自分たちができる施策が「SEO対策」です。これがために、みんなSEO、SEOと言っているのです。


どうやったらGoogle検索の結果で上の方に表示されるようになるの?

上位表示されたい・・・!ということはわかったと思います。そしたら、次はどうやったら上位に表示されるのか?考えるでしょう。

サイトを作ったのに見てもらえなかったら寂しい・・・

ここで大事なのは、最初は具体的なテクニックを知るより前に、大前提として「Googleという企業は、どういったサイトが良いサイトだと判定するのか?」ということを考えることが、とても大事になります。

Googleという会社について、一度考えてみる

会社というのは、例外なく「利益を上げたい」ということが行動原理の大元にあります。(NPOなどではない限り、どんな社会貢献的な意義を大事にしている会社だろうとも、利益が出ないと会社が潰れてしまうからです)

ということで、例えGoogleであったとしても、利益を出すためにサービスを運営しています。Googleは、すごく乱暴で単純に言うと「利用者が多い方が利益が出るビジネス」をしています(今回は詳細を説明しませんが、詳細はこちらがわかりやすいかもです)
↓↓↓

次に利用者の目線も考えます。どんなときにGoogleを使うでしょうか?それは、「解決したいけどわからないものがあるときの調べ物」をしたいときに使います。調べ物をするときに、検索したら全然困りごとが解決しなかったら、とてもがっかりしてGoogleを使わなくなってしまいます。

なので、Googleとしては「調べ物が解決するような役に立つ記事をおすすめする」ことを頑張っています。これがGoogleの「Search Engine Optimization(検索結果の最適化)」です。

そして、再度Googleの立場に戻って考えるのですが、今、世界的に「ホームページ」は爆発的に増えています。それを一つずつ確認して、「これは役に立つサイト、これは役に立たないサイト・・・」と1つずつ判定することは事実上できなません。

じゃあどうしているのかというと「ホームページを機械的、システム的に点数をつけて、自動的に、より役に立つホームページを検索結果の上に表示するようにする」というプログラムを使った順位付けをしています。

つまりまとめると、SEO対策というのは、Google検索の上の方に表示されるための方法です。

そして、Googleの上の方に表示されるためには、「システム的な点数付けで「あなたのホームページは良いこと書いているから、上の方に表示しますね!」と判断してもらうような記事の内容を書いていくこと」が大事なのです。

Googleの評価が良くなる記事、ひいては「見た人が役に立ったと判断できるような行動をしている記事」が、いい記事となるのです。


ちなみに・・・こんなサイトを運営している人はSEO考えなくてOK

例えば、Google検索でサイトを見てもらうことを期待していない場合には、SEO対策をする必要はありません。例えば、

・仲間内の人だけで見ることができれば問題ないサイト(例えば大学のサークルのイベントの写真をシェアするだけのサイト)
・契約した人だけが見れるサイト(例えば会員制のお店でURLをみんな知っている人しかログインしないサイト)
・自分以外だれも見る必要がないと思っているサイト(例えば自分しか見ない日記サイト)

等の場合です。多くの人に見てもらう必要があるサイトかどうか、一度考えてみてください。


まとめ

今回の記事では、「SEOとはGoogleの検索の仕組み」であることと、「多くの人がSEO対策をしてGoogleなどで、より上に表示されることをめざしている」ということを説明しました。

今日はその前提となるGoogleの仕組みなどを説明しましたが、SEOを知るためには、その前提をきちんと知ることが今後のために大事となります。

まずは大枠を理解し、その次に、その「原理原則」知り、それらを応用することで、結果的に早く目的を達成できます。全体を把握して、詳細のテクニックを学んでいきましょう。

【SEOの基礎を学ぶシリーズ】

次の話→





■広告マンガを依頼したい→まずは無料相談をお申込みください。

顧客獲得数が3倍になる!滞在時間が増えて離脱率が減る「広告マンガ」!まずはご相談ください。貴社の状況を整理し、合わせた提案をいたします。
※B to B / 新規事業 / ベンチャー企業が【日本一得意】。まんがたりは少数精鋭→申し込み順に対応します。お申込みのタイミングによってはお待ちいただきます。ご了承ください。

B to B/企業向けの「メディアマンガ制作のお問い合わせ先は【こちら】から

お問い合わせ | まんがたりメディアマンガ

まんがたりメディアマンガのお申込み・ご相談・資料請求はこちらから。
B to Bサービスをマンガでお客様に伝える。お気軽にご相談ください。