前回、検索の順位を高くして多くの人に見てもらうことがSEO対策だよ、という話をしました。次は、その検索を実行したときに、Googleの裏側ではどのようなシステムが動いている結果、検索結果を決定しているのか?ということを勉強したいと思います。

Googleのシステムの裏側って知ってますか?

(すぐに効果のある話を聞きたくてウズウズしているかもしれませんが、即効性のある話を聞く前に、まずは基礎を知ることが大事ですので、お付き合いください)

ちなみに前回の記事はこちら↓


Googleがしているのは3つ:「クロール」「インデックス登録」「ランク付け」

実は、そもそもGoogleは検索の仕組みをホームページで公開しています。
※ホームページを運営している担当者の方は、ぜひ一次情報に触れるべきです。一度さらっと読んでおいて損はないでしょう。

ここで書いている通り、Googleは3ステップでシステム的にプログラミングされています。このプログラムによって、Googleは検索結果をよりユーザーに役立つ順番で表示できるようにしているのです。具体的に見ていきましょう。


1.クロール「まずは新しいホームページがないか情報収集をするよ」

クロールというのは、ホームページのアドレスやそのサイトから他のサイトへのリンク情報と、それとは別にホームページ制作者から提供される「サイトマップ」情報を使って「どんなホームページが今、世の中にあるのか」を調べます。

世界中の情報を収集する

Googleでは、まずは膨大なホームページ情報の中から、過去との変更点がないか?について、調査します。この調査は、人力ではなく、プログラムによって実行されます。これを「クロール」と呼びます。

クロールするときには文字情報だけでなく、サイトの構成や検索キーワードとの親和性、サイトの表示速度など、多くの情報を収集して、ユーザーがより使いやすいかどうかもチェックしています。多くの人が記事をきちんと読むサイトは、いい評価がされますし、サイトのスピードが遅くてユーザーがすぐに嫌になって見なくなるようなサイトは、評価が下がるのです。


2.インデックス登録「収集した情報を探しやすいようにGoogle自作の辞書に描き込んでいくよ」

Googleは収集した情報を、Googleが保有するデータ保管場所(Google専用の国語辞典みたいなもの)に保存していきます。このときに、探しやすい順番に保存していきます。

情報は取り出しやすいように順番にする

つまり、ユーザーが検索キーワードを入力したときに、瞬時に関係するサイトを表示できるようにする準備をしているのです。

実際にユーザーが検索するときには、「ユーザーが検索→Googleでインデックスから関係するキーワードが入っているサイトを探す→見つける→表示させる→ユーザーがサイトを確認してクリックする」という手順が裏側で行われているのです。

自分たちでも、本を買ったら読みやすいように本棚に整理すると思います。そういった「順番整理」をしているのです。


3.ランク付け「収集情報で、どのサイトが一番、お役に立てそうかな?」

突然ですが、あなたは、いまや世界のウェブサイトは何個あるか、想像したことありますでしょうか?

答えは「約16億サイト」!とのことです。ちょっと想像できない数字ですね。。。!

その中から、相手が検索したワードに関連した無数のサイトがある中で、「最も有用な情報」を表示することに、Googleはこだわりを持っています。

この「有用な情報」というのが非常に大事なポイントです。

あなたのサイトに人が来ないことでお悩みだとすると、その理由は、まだまだ多くの原因があるかもしれませんが、

根本的には「より多くの人」に「有用な情報」を「相手が満足するレベル」で提供できているかどうかがとても大事になります。

役に立つ順番で表示するのがGoogleのアルゴリズムです

これはどんなにGoogleのアルゴリズムが変更されても変わらない本質です。Googleは「問題を解決したくてサイトを検索する人」へのサービスをやめない限り、どんなに検索のプログラムを変えていったとしても、ユーザーのための変更しかしないからです。

正確な順位付けのプログラムは公開されていませんが、より多くの人に見てもらうことが大事、ということで、みんな「何回サイトをみてくれたか?(PV数)」「どのくらいの人がサイトの内容を読んでくれているのか?(滞在時間)」「すぐに見なくなっちゃった人がどのくらいか?(離脱率)」「他のページも含めて見るくらい役に立っているか?(回遊率)」を気にしているのです。(この辺の数字の確認の仕方や改善の仕方は後々書いていきます)

この一つの方法として、相手により読みやすく、伝わりやすく情報を伝達できるのが「広告マンガ」や「マンガLP」となるのです。なので、相手に伝わりやすく、Googleにも有益なサイト判定してもらえるサイト設計や制作が、サイトの基盤にないといけません。


まとめ

ということで、Googleのシステムがどう動いているかをカンタンにまとめました。Googleは、常に世界中のサイトの情報を収集し、整理して、評価の高い順にユーザーにおすすめできる仕組みを追求しています。

参考サイト↓

SEOやサイト運営のテクニック論を気にしたり、調べる前に、まずはその前提知識を持つことで、応用力のある、本質的なサイト作成をしていきましょう。

【SEOの基礎を学ぶシリーズ】

次の話→





■広告マンガを依頼したい→まずは無料相談をお申込みください。

顧客獲得数が3倍になる!滞在時間が増えて離脱率が減る「広告マンガ」!まずはご相談ください。貴社の状況を整理し、合わせた提案をいたします。
※B to B / 新規事業 / ベンチャー企業が【日本一得意】。まんがたりは少数精鋭→申し込み順に対応します。お申込みのタイミングによってはお待ちいただきます。ご了承ください。

B to B/企業向けの「メディアマンガ制作のお問い合わせ先は【こちら】から

お問い合わせ | まんがたりメディアマンガ

まんがたりメディアマンガのお申込み・ご相談・資料請求はこちらから。
B to Bサービスをマンガでお客様に伝える。お気軽にご相談ください。