みなさんこんにちは!

今回の記事では、そもそもYouTubeってどういうビジネスモデルなのかについてわかりやすく説明していきたいと思います。

 

この記事を見るとYouTubeビジネスの仕組みについて理解することができます。

また、どのようにYouTubeを使って価値を生み出すか、その土台となる部分がより強固になります。

 

 

YouTubeビジネスに登場する人物

そもそもYouTubeビジネスで出てくる登場人物は大きく分けて4つあります。

 

1.チャンネル登録者・ユーザー

2.チャンネル作成者

3.広告を出す企業

4.YouTube運営元(Google)

 

意外に思われるかもしれませんが、実は2006年にYouTubeをGoogleが買収し、運営もGoogleが担っています。

 

 

この運営元がGoogleになったことが、YouTubeビジネスに大きく影響してきます。

 

YouTubeビジネスのお金の動き

 

 

広告収入の仕組み

 

主にチャンネル作成者は広告収入がメインとなっています。

YouTubeで動画を見る前に動画広告が流れたり、動画再生中に常時表示される広告画像などが当たります。

 

元来、Googleは検索時のリンク広告や画像広告に定評がありましたが、ここへきて動画広告に関しても力を入れています。

 

広告主、つまり企業はYouTube側に広告を表示する権利を買い、YouTubeはそれを動画に広告として載せることを約束します。

チャンネル作成者は自分の作った動画に広告が付けば収入が得られ、YouTubeは企業から支払ってもらった分から仲介手数料を差し引いた金額を動画作成者に渡します。

大まかなお金の動きはこんな感じです。

 

広告収入以外のお金の動き

 

視聴者からチャンネル作成者に直接渡るお金としては、有料課金型のYouTubeプレミアムへの登録やライブ配信中の投げ銭機能であるチャンネルメンバーシップなどがあります。

その場合チャンネル作成者は登録者から月額をもらう代わりに特典などを用意します。

 

また、企業からの直接案件として、チャンネル内で商品を紹介してもらったり、企業関係者とチャンネル作成者がコラボして動画を配信するケースもあります。その際は企業がチャンネル作成者に直接お金を支払います。

 

いかがでしたでしょうか。

こうしてYouTubeビジネスの関係図を理解することで、いつも使っているYouTubeを見る目が少し変わると思います。

 

 

でも、本当に再生回数が多い動画が広告収入が得られるのでしょうか?

YouTubeビジネスにおける大切な数値は何があるのでしょうか?

 

そういった話を次回の記事で詳しく解説していきたいと思います。

 

次の記事はこちらから→





サービスの詳細・金額などは【こちら】から

サービス詳細・料金 | まんがたりメディアマンガ

サービスの詳細・金額などはこちらから。

■まずは無料相談から。売上向上 / 申込みを増やすマンガを

営業・マーケティング支援ツールとして。採用数の向上に。マンガを使って「伝わりにくいを マンガで伝わる」に。貴社に合わせた提案をいたします。
※B to B / 新規事業 / ベンチャー企業など難しいマンガなら【日本一】まんがたりが描けます。

B to B/企業向けの「メディアマンガ制作のお問い合わせ先は【こちら】から

お問い合わせ | まんがたりメディアマンガ

まんがたりメディアマンガのお申込み・ご相談・資料請求はこちらから。
B to Bサービスをマンガでお客様に伝える。お気軽にご相談ください。